• ホーム
  • H検とは
  • 試験要項
  • テキスト・問題集
  • 個人で受験
  • 学校・企業で受験
  • 受験者の声

期待効果

ホテルビジネス実務検定試験(H検)を取得導入することで期待できる効果の一例をご紹介します。

期待効果

  1. 人材育成のサポート

    H検を通して体系的な実務知識を習得する事により、学生や若手スタッフの段階でホテル全体の概要や業務内容を見渡せ、理解できるジェネラリスト的な視座が得られます。

  2. 業務理解度を測る

    配属部門に関連する業務理解度を測ることができます。
    例えば、配属が料飲部門で将来マネージャーを嘱望されるスタッフに対して、試験範囲内「第2章 料飲」、「第5章 調理」、「第6章 マーケティング」、「第7章 総務・人事」、「第10章 経理・会計」に焦点を置くことで、料飲部門関連業務の知識習得度を測る事が可能です。

  3. 昇進昇格の基準作りに活用

    昇進昇格の考課(判断)を行う際の基準のひとつとして実務知識の習得度を捉え、H検の認定資格取得を昇進昇格の基準とすることで、考課システムの客観性および透明性を高める事ができます。

  4. モチベーションの向上

    H検という、明確な教育目標を設定する事により、学習者の学習到達目標に向けてのモチベーションを向上させ、自己啓発意欲を向上させることができます。

  5. ムラのない教育成果

    スタンダード化された教育プログラムを合理的に活用する事により、学習環境の差に大きく左右されない、ムラの無い教育成果をあげることができます。

活用例

詳しく見る

H検とは
新着情報
試験日程【11月】

ベーシックレベル2級・1級
マネジメントレベル
受付終了しました

2017年11月22日(水) 

試験日程【3月】

ベーシックレベル2級・1級
2018年1月18日(木)から受付開始

2018年3月3日(土) 

  • 問題例
  • JTB旅ホ連様専用ページ テキスト・受験・問題集