新着情報

  • ホーム
  • 新着情報
  • > アウディ、サービス技能コンテスト世界大会、日本代表チームが優勝
2014.07.31

アウディ、サービス技能コンテスト世界大会、日本代表チームが優勝

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大喜多 寛)は、2014年7月17・18日両日ドイツで開催された「第10回アウディ ツインカップ ワールドチャンピオンシップ」において、日本代表チームであるAudi三重津の山田 千晶さん、Audi月寒の後藤 樹人さん、Audi岡山の岩佐 武士さんの3名がサービス部門で優勝したことを発表します。今回日本代表が世界一の座を獲得したことは、アウディの成長戦略の要素のひとつである顧客満足度の向上に注力していることを証明するものです。

「アウディ ツインカップ」は、サービスクオリティの向上を目的としたサービス技能コンテストで、全世界で毎年開催。各国の優勝チームは、その国の代表としてワールド チャンピオンシップに出場し、アウディ世界一の座を競います。今年は38カ国から75チームが参加しました。日本代表チームの優勝は、2011年「第7回 アウディ ツインカップ ワールドチャンピオンシップ」でのAudi 高松のテクノロジー部門優勝についで2回目の快挙となります。

昨年開催された日本大会には、テクノロジー部門84チーム、およびサービス部門124チームが参加。テクノロジー部門ではAudi松本が、サービス部門では優勝のAudi三重津と準優勝のAudi月寒および3位のAudi岡山が、このたび開催された2014年のアウディ ツインカップ ワールドチャンピオンシップへの切符を手にしていました。

「アウディ ツインカップ」には、整備技術を競う「テクノロジー」と、点検や整備で車両をお預かりする際、アウディオーナーとのコミュニケーションスキルを見る「サービス」の2部門があり、 ツインカップという名称もこの2部門に由来するものです。また競技は学科だけでなく、実車を使用した実技もともない、あらかじめ車両に設定された不具合の故障診断や、不具合原因を見つけ出すことなどの課題を制限時間内にこなすことが求められます。評価ポイントは、「態度」「プロセス」「品質」「時間」。複数の要素が絡み合ったもので、技術のみならず作業の確実性と迅速さとチームワークも重要です。

サービス部門日本代表は、これらひとつひとつの要素を極めて高いレベルでクリアするとともに、テクノロジー部門の日本代表であるAudi松本の猿田 晃さん、松尾 寿英さん、郷津 雄太さん、ならびにアウディ ジャパン アフターセールス本部のサポートを受け、「チーム アウディジャパン」の固い結束力で今回の輝かしい結果を手に入れました。

サービス部門
1位 日本、2位 スイス、3位 イタリア

テクノロジー部門
1位 カナダ、2位 リトアニア、3位 スロバキア

ツイン(総合)部門
1位 アメリカ、2位 ドイツ、3位 中国

 

詳しくは、こちら

▲ページトップへ

新着情報
  • 新着情報 TOP
  • ホテル塾 関連記事
  • マイス塾 関連記事
  • テキスト 関連記事
  • 調査研究 関連記事
  • 国際交流 関連記事
  • H検 関連記事
  • 和食検定 関連記事
  • 業界ニュース
  • その他の記事
  • 観光庁
  • MICE JAPAN
  • japan endless discovery
  • JTB旅ホ連様専用ページ テキスト購入