新着情報

  • ホーム
  • 新着情報
  • > 2017年度第2回学習支援【第1回過去問題 第10章 経理・会計】
2018.02.19 H検

2017年度第2回学習支援【第1回過去問題 第10章 経理・会計】

【第十章 B-1】経理・会計部門

問題191:クレジット課の主たる業務は、次のうちのどれですか。③

①経営データの分析と予算管理業務 ②財務諸表の作成と分析業務

③与信や売掛金などの回収業務 ④各部署売上金の回収や集計業務

問題192:伝票に記載した550の数字を650に訂正する際の適切な訂正方法は、次のうちのどれですか。④

①最初の5の数字が6に見えるよう訂正 ②550に×印をつけ横に650と記入

③最初の5を黒く塗りつぶし6と記入 ④550に二重線を引きすぐ上の余白に650と記入

問題193:「貸借対照表」とは、次のうちのどれですか。①

①一定時点での企業の財務状況を示す表 ②年度末での企業の労働生産性を表す表

③一定期間内での経常利益を表す表 ④企業活動における一定期間内の売上集計表

問題194:「損益計算書」とは、次のうちのどれですか。②

5年間の売上シミュレーション表 ②一定期間の収益や費用の状態を表す書類

③株式発行額の推移に関わる計算書 ④毎月の借入金の返済計画書

問題195:現金の創出能力や支払い能力が分かる書類は、次のうちのどれですか。④

①年間売上計算書 ②包括利益計算書

③株主資本等変動計算書 ④キャッシュ・フロー計算書

問題196:「減価償却費」は、次のうちのどれですか。③

①商品の基となる人件費と原材料費の合計 ②土地購入費の1%を毎年計上する費用

③耐用年数に応じた価値喪失分を費用計上 ④売上から経費を差し引いて算出する費用

問題197:原価率が40%の商品を800円で販売する時の粗利益は、次のうちのどれですか。③

120円 ②320円 ③480円 ④570

問題198:企業の収益性を見る指標として適するのは、次のうちのどれですか。①

①総資本経常利益率 ②流動比率 ③労働装備率 ④満席率

問題199:消費税率8%、サービス料10%、室料5,000円のホテルに1泊した場合の消費税額は、次のうちのどれですか。③

360円 ②400円 ③440円 ④480

問題200:大阪府同様に宿泊税を徴収する都道府県(201710月現在)は、次のうちのどこですか。②

①北海道 ②東京都 ③福岡県 ④沖縄県

以上 ベーシック1級の過去問題でした。

▲ページトップへ

新着情報
  • 新着情報 TOP
  • ホテル塾 関連記事
  • マイス塾 関連記事
  • テキスト 関連記事
  • 調査研究 関連記事
  • 国際交流 関連記事
  • H検 関連記事
  • 和食検定 関連記事
  • 業界ニュース
  • その他の記事
  • 観光庁
  • MICE JAPAN
  • japan endless discovery
  • JTB旅ホ連様専用ページ テキスト購入